トップイメージ

外国為替平衡操作(為替介入)というのを知っていますか?日本銀行が為替介入をして新聞、グーグル等のニュースでご覧になった人もたくさんいると思います。79-2-126

元から為替の介入といえば日本においては、◯財務大臣が為替の相場の安定化を実現するために実行する方法ということで考えられています。79-20-126

わかりやすく言うと、極端な円高もしくは円安が起きると財務大臣の命令に従って日銀が日本円を売買することで為替のレートを安定させるということです。79-19-126

為替介入(外国為替平衡操作)とは種類があるのです。79-14-126

1.単独介入・・・政府・日銀が東京での市場の中で市場に加わり為替の介入をする。79-8-126

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが協議し、それぞれの通貨当局の金を使って同時または随時為替介入(外国為替市場介入)を実施する。b.glen

3.委託介入・・・外国の通貨当局へ向けて為替介入を委任する。79-3-126

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が外国の通貨当局に成り代わって外国為替市場介入(為替介入)を実施する。79-4-126

以上のような方法があります。79-6-126

いずれの方法の外国為替平衡操作(為替介入)も一時期、または連続して市場に大きな影響力を与えると思います。79-7-126

為替介入の額はさすがに自国の誇りをかけているのですからスケールが大きいです。

円を基本に例えると、普通は数銭ごとに動く相場が突然かなり変化をします。

個人投資家の人なら一回くらいは体験したことがあると推測できますがそれまでは上手に含み益(もしくは含み損)が増えているポジションを維持していたにもかかわらず、保持している保有高が決済となりましたという連絡が外為の会社の発信でEメールが来ました。

いくらくらい黒字になったのか(損益が出たのかな)?と気にしながら決済後の報告を見ると自分が思っていた事とはまったく反対の事態となりびっくりしてしまう事例がよくあります。

介入が行われた時に起こりがちなです。

このように為替介入(外国為替市場介入)が施行されると、為替の傾向と反対の変化をすることがわかります。

加えて動く額の大きさは大幅に動くので気をつける必要があります。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.makeupandnails.net All Rights Reserved.