トップイメージ

【全損】とはその名称が示すように愛車のすべてが壊れてしまう状況要するに走れないというような自動車としての役をできなくなった際に使用されますが、自動車の保険で決められている「全損」はちょっと異なる意味が込められていたりします。

保険の場合では乗用車が破損した状況で「全損と分損」というように2つの結果に振り分けられ《分損》は修理の費用が保険内でおさまる場面を言い表し、それとは反対に「全損」とは修理のお金が保険額を上回る状況を言います。

普通、車の修理で『全損』と言われるとエンジンに修理できない破損が起こったり骨組みが曲がってしまったりして修理が不可能な時、リユースか廃棄にするのが一般的です。

けれども、事故の後に販売会社や保険会社が修復費を計算した時にどれほど見かけが美しく修復が可能である時でも修理のお金が保険金よりも高ければそもそもなんで車の保険にお金を負担しているのか分からなくなるでしょう。

そのような場合は全損と判断して自動車の所有権を自動車保険会社へと譲って保険金を受けとるようになっています。

もちろんの事ですが長い年月乗ったマイカーで執着があり自分で費用を出して直して乗りたいと希望する人は多くいますから場面に応じて自動車保険会社と相談するといいと思います。

また、車の保険にはそういった事態を考えて特約等(全損)の時に特約がある場面が多々あり、予期せず自家用車が《全損》なっても新車購入など必要費用を一部払ってくれる場合も実在したりします。

更に盗まれた際の保険金の特約をつけてると盗まれた自動車が発見できない際でも【全損】となり保険金が払われるサービスになっているのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.makeupandnails.net All Rights Reserved.