トップイメージ
破産申告をする人でその借り入れに関しほかに保証人が存在するときには前もって話をしておいたほうがいいでしょう。ふたたび、改めて言いますが、保証人を立てている場合は、破産手続きの前段階によく考えるべきです。なぜなら、みなさんが破産申告をしてOKが出ると、補償する立場の人が義務を果たす義務があるからです。なので、破産申告の前段階で保証人に、これまでの現状を報告しお詫びをしなくてはいけないでしょう。そういうことは保証人になるひとの立場から見ると求められることです。債務者のあなたが破産の手続きをすることから、自動的に数百万ものローンが生じてしまうのです。そうなると、その後の保証人である人の考慮する方法は次に示す4つです。まず保証人となる人が「全部払う」ことです。保証人がすぐにでも金額を簡単に返すことができるぐらいのお金を持っていれば、それができます。ただむしろそのまま自己破産せずにあなたの保証人に立て替えを依頼して自分はその保証人に月々一定額を返済をしていくという選択肢もあるかと思われます。保証人がもし関係が良いなら期日を長くしてもらうことも不可能ではないかもしれません。また耳をそろえて弁済不可能でも業者側も話し合いにより分割による支払いに応じてくれます。保証人にも破産手続き行われると貸金がまったく弁済されないことになりかねないからです。また保証人が返済額を代わりにまかなう経済力がないなら債務者とまた同じく何らかの方法による負債の整理を選択しなけばなりません。続く選択肢は「任意整理をする」ことです。この方法の場合貸した側と示談する方法により、おおよそ5年弱の期日で弁済していく形になります。この問題で弁護士に依頼するときの費用の相場は1社につき4万円。7社から契約があるならおよそ28万円かかります。債権者との交渉を自ら行うこともできないことはないかもしれませんが、債務処理に関する経験と知識がない人だと向こう側があなたにとっては不利なプランを押してくるので注意する必要があります。また、任意整理になる場合もあなたの保証人に負債を代わりに払ってもらうことになるのですから借金をしたあなたは長くかかるとしても保証人に返していく必要があります。3つめはその保証人も借金した人と同様「自己破産をする」場合です。その保証人も債権者と同じように自己破産を申し立てれば、保証人の返済義務もなくなります。ただ、保証人がもし住宅等の不動産を登記している場合はそういった個人資産を没収されてしまいますし、資格制限がある職業についているのであるならば影響を受けてしまいます。個人再生制度を検討するといいでしょう。一番最後の4つめの方法は、「個人再生による手続きを取る」ことです。不動産を残したまま負債の整理を行う場合や、自己破産では資格制限にかかる職業にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生制度による整理です。この処理の場合自分の家は手元に残りますし、破産手続きの場合のような職業の制限、資格制限等が何もかかりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.makeupandnails.net All Rights Reserved.